SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

千葉中央クリニック クリニックブログ

千葉市中央区、京成千葉中央駅前の千葉中央クリニックです。日曜日も一般内科(かぜ,高血圧,糖尿病,高脂血症等),
消化器(肝炎,膵炎,胆石等),胃カメラ,大腸内視鏡を受けていただけます。
胃カメラ,大腸内視鏡は苦痛のない,やさしい検査と日帰り手術を実施いたしております。
C型慢性肝炎に対する瀉血(しゃけつ)療法
今回は内視鏡と違うお話をしたいと思います。

タイトルは「C型慢性肝炎に対する瀉血(しゃけつ)療法」です。
瀉血(しゃけつ)とは血を抜くことです。それがどうしてC型肝炎と関係あるのでしょうか?

キーワードはです。

C型慢性肝炎の肝臓は鉄を多く取り込んでいます。その鉄が肝臓に炎症を引き起こします。そのため瀉血により体の余分な鉄を除くことにより、炎症を抑えることができます。

実際には月に1〜2回程度、採血の要領で約200ccの血液を抜きます。
毎週50ccの瀉血と強力ミノファーゲンC60mlの注射をする方法もあります。
同時に鉄の多く含む食べ物(貝類、レバーetc)を控えていただきます。

今まで30人のC型慢性肝炎の患者さんに瀉血を行い、約4割の方が肝機能の改善を認めました。これはいままで発表されてきた成績とほぼ同様です。

もちろんインターフェロンによりC型肝炎ウイルスを駆除することが根本的な治療です。

しかしインターフェロンが効かなかったり、さまざまな理由で使えない人も多数います。
そういう人たちは、なにもしないで慢性肝炎から肝硬変そして肝臓がんになるのをじっと待つしかないのでしょうか?

肝機能を改善しなるべく正常に近い状態にすることが病気の進展の阻止、つまりがんの予防に役立つことがわかってきています。
こういう目的で今回ご紹介した瀉血療法以外にもさまざま治療法が試みられています。

千葉中央クリニックではC型慢性肝炎、C型肝硬変の患者さんに対して、インターフェロンを始めとするさまざまな治療法のなかから一人ひとりに合った最適な治療をめざしております。
| 肝臓 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
先生ってどんな人?
はじめまして

クリニックの看護師をしています。


初めて受診しようと思う時、一番気になるのは先生についてではないでしょうか。

そこで今回は坂井先生について少しお話します。


患者さんからは「若い先生ね」と言われることもありますが、

実は結構いってます。


顔はブログのこんな仕事もしています。その2にマスク姿ですが

真剣な表情で内視鏡を行っている横顔がちらっと写っていますので覗いてみてください(^_^)


そして専門分野の胃・大腸内視鏡の時はとても熱い男になります。

隣で検査の介助をしていると汗をかくほど熱い(~_~;)


でも診察の時は穏やかで爽やかな感じです。

病気のことだけでなく患者さんの疑問や質問に丁寧に答える先生です。


また近いうちに色々とお伝えできればと思います。

| ごあいさつ | 21:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
はじめまして



















初めまして、クリニックの受付をしています。

これから日常のちょっとしたことを書こうかな〜と思います。

家では一匹の猫を飼っているのですが、私の朝は、毎朝目覚ましより先に猫に起こされるところから一日が始まります。
滅多に鳴かないので、色んな行動で起こしてくる可愛い猫です。(^−^)

最近買った私のクッションを気に入ってしまい、すっかり自分のものにしてしまって・・・。今では毎日そこで寝ています。

気持ち良さそうに寝ているのをみると、しょうがないかな(^^;と思いました。
| ごあいさつ | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
こんな仕事もしています。その2
ESD











2003年より社会保険船橋中央病院内視鏡センターで、胃癌の内視鏡治療としてESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)という内視鏡手術をしております。

この治療法により、今まで開腹手術が必要であった患者さんも内視鏡で治すことが可能になり、入院期間が短く、体の負担も少なくなりました。

しかしこの治療には正確な診断とたしかな技術、そしてまわりのスタッフのサポートが必須です。

6年前に始めて以来、約400例の手術と指導をしてまいりましたが、内視鏡センターの先生がたと看護師さんたちのご理解と協力に感謝しております。

今も社会保険船橋中央病院と国際福祉大学熱海病院で非常勤で内視鏡を担当させていただいております。
| 内視鏡 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
はじめまして
fukuda











初めまして(*^_^*)
クリニックの看護師をしています。
五歳の娘と、三歳の息子の母でもあります。

これから、育児等のちょっとした事を書いていけたらな〜、と思っています。

先日の夕方、携帯に保育園からの着信が…
子どもたちに何かあったのかしら?と思いつつ話を聞くと

「他の子が、かがんでる上からウチの娘が覗き込んだらしく、
その子が急に立ち上がったから、その子の頭とうちの娘のアゴが激突!
多量の鼻血を出し、歯がちょっとグラグラする」

とのこと。もう永久歯なのに、ダメになったらどうしよう(ー_ー)!!
と、ハラハラドキドキ、大慌てで、お迎えに行き、
近くの歯科医へ駆け込んだのでした病院

初めての歯医者にもかかわらず、大きな口を開け、
きちんと質問にも答えられて、エライ!と親バカっぷりを発揮(^_^;)

結局、アゴも歯も事無きを得て、ホッと一安心ニコニコ

娘も、さすがに興奮したりして疲れたのか、
その日は甘えん坊さんでした(*^。^*)
| ごあいさつ | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
はじめまして
はじめまして

京成千葉中央駅前の千葉中央クリニックです。

今日まで千葉大学医学部附属病院、癌研究会附属病院(現癌研有明病院)等で内科全般、および消化器疾患・内視鏡の診断・治療・研究に携わってまいりました。

そうした経験を活かして、胃がん、大腸がん、慢性肝炎をはじめとする消化器疾患に関する専門的な医療を、皆様に気軽に受けていただける身近な「専門医」として、また高血圧、高脂血症、糖尿病、メタボリック症候群などの内科一般医療から健康上のちょっとした不安まで、気楽に相談できる「かかりつけ医」でありたいと考えております。

“一人ひとりに、やさしい医療を提供し続ける“

それが果たすべき役割と確信し、地域住民の皆さまの日常の健康管理に貢献できますよう、全力を尽くします。
よろしくお願い致します。

千葉中央クリニック
坂井雄三
| ごあいさつ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
こんな仕事もしています
cover


















今月のGIE(米国消化器内視鏡学会のオフィシャルジャーナル)の表紙に私が撮った内視鏡写真が載りました。

左側が胃に酢をまいた写真で、中央やや左の赤い部分が癌です。右は酢とインジゴカルミン(ジーパンの青い色と同じ色素)をまいた写真です。青の中にくっきりと癌が浮き上がってます。

どこにでもある酢と、内視鏡でよく使うインジゴカルミンでこんなにきれいにわかるなんて、最初は信じられませんでしたが、多数の胃がん症例で調べてみるとかなりいい方法であることがわかり、報告しました。一切特殊なものは必要としないので、世界中で胃がんの内視鏡診断に役立てていただければと思います。

ご興味がある方は論文の要約をのぞいてみてください。
ちなみに治療はESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)で完全切除しました。
| 内視鏡 | 02:02 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |